reform

nara-city "Y's house"


お家を建てられて数年、建築当初から外構が全面コンクリートの駐車場だったお家。


「コンクリートの汚れ」や「目地の植栽の傷み」が気になり始めたことをきっかけに

外構の全面リフォームをご依頼頂きました。


モダンでシンプル&ナチュラルな外構をご希望されておられたので

自然素材を使い「経年劣化の汚れ」ではなく「味のある景色」と見えるように心がけつつ

シンプルにデザイン。


家との調和を第一に考え、使わせて頂く素材の色は、建物に合わせた茶系の濃淡と白のみで構成しました。


浮遊しているように見えるアプローチは、存在がほぼ見えないフレームに

「メンテナンスフリーなステンレス」で製作。


踏面には耐久性の高い「天然乾燥の桧材」を外壁の細い横ラインに合わせ、板材ではなく細い角材を

ダークブラウンに防腐塗装して使用。(もちろん将来のメンテナンスに備えて簡単に交換ができる仕様に)


今回は明確に2台の駐車スペースをアプローチで分けさせて頂いたので、

今まで縦列駐車式だった所の前に駐車車両が有ると出入りが困難になってしまうので

「駐車禁止表示」を兼ねて、スライド式ゲートを製作させて頂きました。

(こちらは既存のフェンスの柱を利用して極力シンプルな構造にさせて頂いています)


門柱はこちらのお家にピッタリ合う、超シンプルな既製品を利用しつつ

「重厚感のあるアイアンの切り文字表札」を製作&取付させて頂きました。


ikoma-city "N's house"


近隣のお家や、通行する方の視線があり、リビングや前庭でくつろぐことが難しかったお家。

通常なら「サンルームにカーテン」もしくは「デッキに目隠しフェンス」と言うご提案になるところ。

「モダンな黒い建物」とデザインや色の調和をとりながら「視線を感じずにくつろげる物」と

言うご希望で、ご依頼を頂きました。


既製のサンルームではお家のデザインとピッタリ合う物が見あたらず

「デッキだけでなく、リビングのカーテンを開けていても視線が気にならない」条件を満たす為に

オールブラックな「屋根の無いアウトドアリビング?」的な発想で設計製作させて頂きました。


建物と同じく、シャープでモダンな印象にする為に、面材より構造部材の角や線をわざと外に見せるデザインで

ビル等と同じカーテンウォール的な構造にして、「地面に埋め込むフェンス基礎」を無くし、浮遊して見える様に


外部はお家に合わせて黒ですが、室内側は、リビングが暗くならないように裏が白い面材を使い

構造体の亜鉛メッキ処理の鉄骨のもあえて隠さず、インダストリアルデザインで

「扉」と言うより「可動式の壁」的な扉の取っ手も「いかにも取っ手」にはせず、

各部材を固定している黒いステンレスのネジを流用して、こちらもモダンなインダストリアル的な見せ方に。


こちらと共に、建築時に施工されて違和感のあった門柱も同じ仕様で製作させて頂きました。


表札は、グロスブラックの門柱にマットブラックの文字、艶の違いだけで、さりげなく見える仕様で。


デザイン設計から製作はもちろん現場施工まで全て外注無しなので、長らくお待たせしてしまったにも関わらず

完成後は「視線を気にせずデッキでくつろげて、リビングのカーテンを全開に出来て部屋が明るくなった」と

大変有り難いお言葉も頂けました。。


kizugawa-city "O's house"


和のテイストでモダンな印象のお家。

お家の外壁の塗り替えを機に、丘の有る前庭のリフォームをご依頼頂きました。


ご自身で植えられた木々や、土の流れだし予防に植えられたタマリュウの生育が悪く

景観的にも、ご不満をお持ちだと言う事で


丸窓の有る壁を背に、建物との高さのバランスを考えた、背の高いモミジを中心にして

法面を生かした樹形の木々を植えるプランを、ご提案させて頂きました。


丘全体の水はけを含めた土壌改良を手始めに

あえて多品種にせず、樹形にこだわった2種類のモミジだけに絞り込んで

自然でシンプルな洗練された印象の植栽に


建物に似合う現代的なイメージの景観と土の流れだし対策を兼ねて、

法面にはエッジの効いた大小の岩を、動きの有るイメージで配置


道から直角に入る形の駐車スペースは、少し斜めに駐車頂くことで

丘の裾も真っ直ぐではなく、植栽のイメージと同じく、自然な形状にさせて頂くことが出来ました。


駐車頂く際の目安に「無垢のアイアンの角棒」を使ったラインを製作させて頂いて

斜め駐車する際のストレスを軽減


前庭の端にあるアプローチの脇にもモミジを植えさせて頂くことによって

前庭全体の一体感を出させて頂きました。


外壁と同時に黒く塗り替えられた門柱には、こちらもあえて黒く塗り、素材感の違いだけでさりげなく見せる

「手切りアイアンの切り文字」で番地だけの表札として、製作させて頂きました。。

daito-city "T's apartment"


昭和に建てられたマンションのファサード&共用部分を、現代的なデザインにリフォーム。

今は少し暗めのファサードを、緑あふれ明るくナチュラルモダンな空間を目指しリフォームさせて頂きました。


既存の庇に使われていた鉄骨を露出させて明るい色に塗装し、大きな木の梁とガラスの屋根をのせて

雨水の期待できる場所には雑木を植えて、シンプルな木製のアプローチやホールと相まった景色を演出


ナチュラルな中に都会的なモダンさを出すために、ゴミ置き場やユーティリティーのドア、

ポスト廻りはシルバーな金属製でオリジナル施工


遊び心も忘れずに、ユーティリティーのドアの取っ手はオーナー様の会社のマークをアレンジした形に

階数表示やポスト廻りはオリジナルなアイコンサインをデザイン&製作させて頂きました。。。







nara-city "I's house"


お家を建て替えられ、新しい建物に似合う、家からの眺め重視のお庭にリフォームして欲しいとのご依頼でした。

"noise" の作風を良くご理解頂いているお施主様でしたので、シンプルな「池と橋のあるお庭」を "noise" らしい形で

ご提案させて頂き、お施主様はもちろんのこと、建物を設計された建築家さんにも気に入って頂ける物が出来ました。


「庭の池」と言うと自然石を見切りに使い水を貯める方法か、四角い石などを使いすっきり水盤にすることが大半ですが

発想を変え、池を掘り大小さまざまな岩を区切りを付けずにお庭一面に並べて、鉄板で四角い枠を組んで、

岩の上に浮遊させ現代的な「見切りの暗示」としました。


「池の対岸近くまで突き出た橋」も同じく岩の上を浮遊して見える様に製作&設置

4m近くの距離を、建物側の基礎だけで、橋の先端まで「橋脚は無し」で

「完全な浮遊感」を出させて頂きながらも人が乗っても安全な構造まで考慮して設計施工させて頂きました。


「岩の景色」に「浮遊した鉄板素地の橋」との対比で、築山の起伏にあわせて角度を付けて植えた雑木達

アバンギャルドな景色ですが、素材感を大切にしたモダンな建物と違和感なく融合できたと思います。。。







nara-city "M's house"


西洋アンティークがお好きなお施主様、お子様の成長に伴い駐車スペースを増やす為の、

外構リフォームのご依頼でした。

和洋折衷的な建物に違和感なく馴染む、西洋風なニュアンスのデザインを目指してリフォームさせて頂きました。


建物の経年変化にも馴染めるように、奥様お気に入りの色の門塀を一部残した形のデザインに


門廻りやガレージの扉、表札は、重厚感を出すために全て無垢のアイアンを使い、デザインは西洋風、

使い勝手は日本的な「引き戸式」と「折れ戸」で、塗装も塗り重ねて年数を経たニュアンスを表現させて頂きました。


アプローチの石材も和洋折衷的な並べ方で建物との違和感を無くし、廻りを施主様お手持ちの枕木で廻りをアレンジ

既存のコンクリートのガレージも「鉄さび」を使って味わいのある雰囲気にさせて頂きました。。。